ごきげんよう、ハイテクです。

前回に引き続いての作業です。
ので、前回の状況からの作業開始になります。


リソースの用意、クラスの作成

まず、このページの左上にある「あひる」を保存します。

ピクチャ 2.png


これをプロジェクトに追加します。
ウインドウにドラッグ&ドロップです。

ピクチャ 3.png


続いて、オブジェクトを追加します。
新規ファイルから「ArteOGLObject」のテンプレートをもとに新規クラスを作成します。
「Duck」クラスと名付けましょう。

ピクチャ 4.png


  • Duck.h
    //
    //  Duck.h
    //  ArteOGLSample
    //
    //  Created by 計算技術 on 09/10/22.
    //  Copyright 2009 K3. All rights reserved.
    //
    
    #import <ArteOGL/ArteOGL.h>
    
    
    @interface Duck : ArteOGLObject {
    }
    
    @end
  • Duck.m
    //
    //  Duck.m
    //  ArteOGLSample
    //
    //  Created by 計算技術 on 09/10/22.
    //  Copyright 2009 K3. All rights reserved.
    //
    
    #import "Duck.h"
    
    
    @implementation Duck
    
    
    - (id)init{
    	if(self =[super init]){
    		//coordmode = ArteOGLObjectSystemCoordMode or ArteOGLObjectVirtualCoordMode;
    		
    		//lifecount = -1;
    		//extralife = 20;
    		
    		//attackFlag = NO;
    		//targetFlag = NO;
    		//physicalFlag = NO;
    		//staticFlag = NO;
    		//livingFlag = YES;
    	}
    	return self;
    }
    
    /*
    - (void)setProperty:(NSDictionary *)dic{
    	[super setProperty:dic];
     
    	//if([dic objectForKey:@""]!=nil) ;
    }
    */
    
    - (void)OGLcalc:(id <ArteOGLViewProtocol>)arteview{
    	//write calcuration code here
    	
    	[super OGLcalc:arteview];
    }
    
    - (void)OGLdraw:(id <ArteOGLViewProtocol>)arteview{
    	// write draw code in here
    	
    	if(texblend)[arteview setBlendMode:texblend];
    	if(rotatedegree!=0)[arteview enterRotate:rotatedegree withCenter:texpoint offset:rotateorigin];
    	
    	[arteview frameRect:NSMakeRect(texpoint.x,texpoint.y,texsize.width,texwidth.height)];
    	
    	if(rotatedegree!=0)[arteview escapeRotate];
    	if(texblend)[arteview revertBlendMode];
    }
    
    
    
    @end

テンプレートの段階でもいろいろ書いてありますね。

クラスの加筆

まず、あひるを表示するためにArteOGLImageTextureをインスタンス変数に追加します。

@interface Duck : ArteOGLObject {
	ArteOGLImageTexture *tex; //テクスチャ
}

のように、Duck.hのinterfaceのところに追記します。
Objective-Cでは@interface宣言の「{」と「}」の間に変数定義することで
クラスにインスタンス変数を追加することができます。
なお、クラス変数というものはObjective-Cには存在しません。
同等の機能を利用したい場合は、C言語の大域変数を使うのが通例です。

変数を追加したので、先立って解放のコードを追加します。
ガベコレなんてものは使わないのでretain-release制を使います。
忘れがちですが、忘れるとメモリ漏れちゃうぜ。

- (void)dealloc{
	[tex release], tex = nil;
	
	[super dealloc];
}

生成・代入についてはOGLcalc:内で行います。
init:内で行っても大丈夫なはずですが、まぁ、なんとなく。
(処理付加分散的にあんまよくないので、このあたりは将来的に変更されるかもです。(ぉぃ )

- (void)OGLcalc:(id <ArteOGLViewProtocol>)arteview{

	if(tex == nil){
		tex = [[ArteOGLImage sharedTextureNamed:@"duck"] retain];
	}
	
	[super OGLcalc:arteview];
	
}

画像テクスチャは直接生成するのでなくArteOGLImageを通すことでキャッシングを行えます。

描画については
既存のソースを削除し(今回は回転などは使わないので)、テクスチャオブジェクトに描画をさせる一行を追加します。

- (void)OGLdraw:(id <ArteOGLViewProtocol>)arteview{
	
	[tex OGLdrawInRect:NSMakeRect(texpoint.x, texpoint.y, texsize.width, texsize.height) fraction:texalpha];
	
}

texpoint、texsize、texalphaはArteOGLObjectから継承したインスタンス変数です。

それと、初期化処理の部分。

- (id)init{
	if(self =[super init]){
		coordmode = ArteOGLObjectSystemCoordMode;
		
		lifecount = -1; //寿命なし。
		extralife = 20; //死んだ後のフェード
		
		attackFlag = NO; //攻撃フラグなし
		targetFlag = YES; //被攻撃フラグあり
		physicalFlag = NO; //物理演算なし
		staticFlag = NO; //固定なし
		livingFlag = YES; //生存フラグあり
	}
	return self;
}

コメントアウトを解除し、属性を設定します。

ビューへの追加

  • ArteOGLSampleController.h
    #import "Duck.h"
    @interface ArteOGLSampleController : ArteOGLController {
    	Duck *duck;
    }
  • ArteOGLSampleController.m
    - (void)ArteOGL:(id <ArteOGLViewProtocol>)view registerAsDelegate:(id)controller{
    	[super ArteOGL:view registerAsDelegate:controller];
    	
    	//write your code here.
     	
    	duck = [[Duck alloc] init];
    	[duck setSize:NSMakeSize(80, 80)];
    	[view setObject:duck];
    	
    }

追加します。

- (void)ArteOGL:(id <ArteOGLViewProtocol>)view keyPressed:(unichar)key{
	switch (key) {
		case NSLeftArrowFunctionKey:
			[duck addSpeedX:-10];
			break;
		case NSRightArrowFunctionKey:
			[duck addSpeedX:10];
			break;
		case NSUpArrowFunctionKey:
			[duck addSpeedY:10];
			break;
		case NSDownArrowFunctionKey:
			[duck addSpeedY:-10];
			break;
		default:
			break;
	}
}

- (void)ArteOGL:(id <ArteOGLViewProtocol>)view keyReleased:(unichar)key{
	switch (key) {
		case NSLeftArrowFunctionKey:
			[duck addSpeedX:10];
			break;
		case NSRightArrowFunctionKey:
			[duck addSpeedX:-10];
			break;
		case NSUpArrowFunctionKey:
			[duck addSpeedY:-10];
			break;
		case NSDownArrowFunctionKey:
			[duck addSpeedY:10];
			break;
		default:
			break;
	}
}
ピクチャ 1.png

(書き途中


添付ファイル: fileピクチャ 1.png 395件 [詳細] fileピクチャ 4.png 402件 [詳細] fileピクチャ 3.png 403件 [詳細] fileピクチャ 2.png 386件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-22 (木) 17:18:06