今回は画像を左右反転して描画します
ゲームのキャラクターの立ち絵などによくつかわれる処理です

そろそろ全コード書くのもだるくなってきたので
変更点のみ書こうと思います
その方が見やすいと思うので・・・

今回使うファイルは次のようになってます。どぞー(-ω-)つ旦
filedirect3d.h
filedirect3d.cpp
filetexture.h
filetexture.cpp
filesprite.h
filesprite.cpp
fileturn.cpp(WinMain関数があるアプリケーション本体)
今回使う画像はこちら
filecar.bmp

zipでほしい人はこちら
fileturn.zip

sprite.hのDrawメンバ関数の引数にisTurnフラグを追加します

#pragma once

// Direct3Dの各種ヘッダーのインクルードが必要なため
// すでにまとめてあるヘッダーをインクルードする
#include "direct3d.h"
 

// スプライトクラス(2D板ポリゴン)
class Sprite
{
public:
 
// 他のメンバーは15回と同じなので略 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// 引数isTurnを追加(省略可能な引数)
	void Draw(IDirect3DDevice9* pDevice3D,IDirect3DTexture9* pTexture,bool isTurn = false);
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

};

sprite.cppでDrawメンバ関数の実装処理を変更します

#include "sprite.h"

// 他のメンバー関数の実装は15回と同じなので略

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
void Sprite::Draw(IDirect3DDevice9* pDevice3D,IDirect3DTexture9* pTexture,bool isTurn)
{
	// 頂点情報セット
	Vertex vtx[4]={
		{ pos.x + width/2, pos.y - height/2, 0.0f, 1.0f,(isTurn ? 0.0f : 1.0f), 0.0f},
		{ pos.x + width/2, pos.y + height/2, 0.0f, 1.0f,(isTurn ? 0.0f : 1.0f), 1.0f}, 
		{ pos.x - width/2, pos.y - height/2, 0.0f, 1.0f,(isTurn ? 1.0f : 0.0f), 0.0f}, 
		{ pos.x - width/2, pos.y + height/2, 0.0f, 1.0f,(isTurn ? 1.0f : 0.0f), 1.0f} 
	};
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
	// テクスチャセット
	pDevice3D->SetTexture(0,pTexture);
	// 頂点構造体宣言セット
	pDevice3D->SetFVF(SPRITE_FVF);
	// スプライト描画
	pDevice3D->DrawPrimitiveUP(D3DPT_TRIANGLESTRIP,2,vtx,sizeof(Vertex));
}

ポイントはただ1点、 頂点情報のUV値のU値をひっくりかえしているだけです
isTurnフラグがtrueならひっくり返します

使うとき(turn.cpp側)は次のようになります
そのほかの処理は前回とほぼ同じなので省略します

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

			// 描画開始
			if(SUCCEEDED(direct3d.pDevice3D->BeginScene()))
			{
				DWORD ClearColor = 0xff808080;	// 背景クリア色
				// 背景クリア
				direct3d.pDevice3D->Clear( 0, NULL, D3DCLEAR_TARGET | D3DCLEAR_STENCIL | D3DCLEAR_ZBUFFER, ClearColor, 1.0f, 0 );
								
				// スプライト描画
				sprite[0].Draw(direct3d.pDevice3D,cartex.pTexture); // 省略した場合、引数isTurnはfalseになる
				sprite[1].Draw(direct3d.pDevice3D,cartex.pTexture,true);
			
				// 描画終了
				direct3d.pDevice3D->EndScene();
			}
			// 描画反映
			direct3d.pDevice3D->Present( NULL, NULL, NULL, NULL );

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

実行結果は次のようになります
左右反転して描画できていると思います
turn.jpg

上下反転に関しては略しますが
uvのv値を変更すればひっくり返せます

前:DirectX講座16回
次:DirectX講座18回

新手のスタンド使いか・・・2
な・・・何を言ってるのかわからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった・・・1
俺たちにやれないことを平然とやってのけるそこに痺れる憧れるぅ〜[4

添付ファイル: fileturn.zip 320件 [詳細] fileturn.jpg 456件 [詳細] filecar.bmp 361件 [詳細] fileturn.cpp 376件 [詳細] filetexture.h 292件 [詳細] filetexture.cpp 305件 [詳細] filesprite.h 408件 [詳細] filesprite.cpp 409件 [詳細] filedirect3d.cpp 337件 [詳細] filedirect3d.h 319件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-08-23 (金) 04:06:54