この講座の位置づけとしては
せっかくC言語ならったんだから
ゲームつくれねーの?
真っ黒な画面だけでプログラム作るの飽きたー(-ω-)
って人対象です
(C言語講座終わった1年以上対象です)
手軽にできるところはできるだけ手軽にしつつ
割と本格的に作ろうと思います

OSがWindowsならDirectXというライブラリを入れることで 商用並みのゲームソフトが作れます
(実際コミケとかで売られてるゲームのほとんどはこのライブラリ使ってます)

軽くDirectXでゲームを作る利点を述べておきます
C/C++言語は機械が理解しやすいアセンブリコードに変換されるため
C/C++で作られたアプリケーションは他の言語に比べて 処理が高速です
また、DirectXというライブラリを用いることで
入力デバイス(キーボード、マウス、ジョイパッド)、
サウンドカード(音を出すハードウェア)、
グラフィックボード(画像処理をするハードウェア)
などのハードウェアにほぼ直接命令できるため、非常に 処理が高速です

欠点としては他の言語に比べてソースコードが長くなりがちです
(逆に言えば、その分、色々なことができるということの裏返しですが・・・・)

高速化にこだわらなければならない理由としては
ゲームはリアルタイム性を求められるものが多く
処理負荷が他のアプリケーションに比べてかかりがちな点です(特に描画は負荷が大きい)
コマ落ちしたりすると、アクションゲームとか格闘ゲームになりません

DirectXのもうひとつの利点は導入の敷居が低いという点です
Windowsでさえあれば簡単に導入でき、どこでも開発できます(キリッ

先にこの講座で必要なものだけ述べておきます
○Windows OS(Macerじゃなきゃ大丈夫)
○Visual C++ Express (この講座では2010使ってます)
○Microsoft DirectX SDK(この講座ではJune2010使ってます)

Visual C++ Expressに関しては学校貸与PCに入ってるはずなのでインストールの仕方は解説しません
(C言語講座で使ってるはずだし)
DirectX SDKは必要な回になったら導入の説明をします

必要に応じて補講を追記するかもしれません
補講は本編を読む上では飛ばしてもいいですが
処理の中身を詳しく理解したい人のために用意しておきます

次:DirectX講座1回

選択肢 投票
(^ω^) やってやんよ 203  
(^ω^) 残念、俺はMacerなんだ 26  
(^ω^) 俺がガンダムだ 207  

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-08-21 (月) 16:35:10